すし・和食に特化した調理専門学校で「調理師免許」取得を目指す!

設・設備

すし、和食の学びに特化した充実の設備

試食用の和風カウンターを備えた調理実習室、発酵食品の製造が可能な「蔵」の設置など、すしと和食の調理に適した専門的な教育設備が充実しています。

校舎外観

東急田園都市線「池尻大橋駅」より徒歩1分。渋谷から一駅という交通の便もよいこの場所は、落ちついてすし・和食を学ぶ場としてはもってこいの立地です。

接客実技用カウンター

入口を入るとまず目に入るのがこちらのカウンター。和食ならではのおもてなしスタイルである対面接客をトレーニングするための設備です。和食料理店、寿司店の雰囲気やお客様との距離感を体感しながら、料理人のサービスや心得を学びます。

和食調理室

日本料理特有の「舟形シンク」を備えた和食調理室。シンクの中にまな板を置いて魚介類を調理するのに用い、縁を低くすることで作業しやすくなっています。本校では学生一人に対して1台のシンクを使用できる環境を整え、実習に臨みます。

食材の保存のために、温度、湿度の管理ができる蔵を用意。ここでは特に和食の偉大なる発明品である発酵食品について、実習を通して学びます。

facebook
Copyright ©東京すし和食調理専門学校 All Rights Reserved.