研究コース

2年制卒業者が対象の1年コース。
すし・和食のさらに高度な知識と技術を修得するとともに、器や茶道、日本酒などについて深く学び、
和食文化への造詣を深めます。料理店でのインターンシップを通じて実践力も身につけます。

すし・和食創作研究

すし・和食創作研究

研究コースイメージ

日本のすしの起源は、魚を保存食として味わうために米と一緒に漬け込んだ「熟れずし」だと言われています。「締め」「漬け」「発酵」「熟成」など、食材の新鮮さを重要とする考え方とは一線を画したこの調理技法を修得し、すし職人としての幅を広げます。

和食応用実習

研究コースイメージ

和食調理において重要となる「炭火焼」の技術を学びます。また、酒肴として、ご飯の味をさらに引き立たせるものとして、いわゆる「珍味」と呼ばれる特殊食材の料理法も実習し、その新たな可能性を追求します。

その他

料理様式と和食/郷土すし・郷土料理研究/献立研究・発表会

業界研究

専門店料理実習

研究コースイメージ

「すし」を筆頭に、和食の世界では「天ぷら」「うなぎ」など専門店が多数あります。また「居酒屋」や「手打ちうどん」など日本の独特な店舗形態も、近年は海外からの旅行者に大人気。ここでは専門店の料理について学び、その傾向と今後を考えます。

その他

和食ビジネス研究/日本建築研究/海外市場研究

Copyright ©東京すし和食調理専門学校 All Rights Reserved.