すし職人コース

江戸前のにぎり寿司を中心に、巻きや稲荷、ちらしといったさまざまな寿司について学びます。
煮あげ、酢じめ、あぶりなど食材の特長に合わせた技法を修得し、世界で活躍するすし職人を目指します。

1年次

すし・和食に共通する基本技術をコース合同で学びます。
徹底した反復練習をとおして、料理人としての心構えを身につけます。
また。調理師資格の取得を目標にした実習科目も多数用意。
和食・すしに特化した本校ならではの、充実した基礎課程を修得します。

和食基礎調理

切る/焼く/煮る/揚げる/すしの基本

味覚研究

基本五味の識別訓練/塩・醤油・味噌・酢・味りん・香辛料・油脂などの基礎調味料

総合調理

学校給食での和食調理/老人養護施設での和食調理
特定制限(糖尿病患者など)のある方に向けた和食調理/ホテルなどの宴席調理

一般調理(調理師資格対応)

主食/魚介料理/肉料理/野菜料理/季節料理

講義科目

食品の安全と衛生/食品の栄養と特性/調理理論/外国語/日本料理概論


1年次イメージ

2年次

旬の食材を最上のすしネタとして調理・加工する技術を修得します。
季節ごとに獲れる魚介のさばき方や調理法は千差万別。
それそれの特長を深く理解し、1年間かけてじっくり向きあいます。
すしを短期間で学ぶことができない理由はそこにあります。

すし専門実習

すしの基礎/春から初夏・夏をにぎる/晩夏から秋をにぎる/冬をにぎる(貝類、イカ、タコ)/初春をにぎる(平目、寒ブリ、穴子)/試食講評会・卒業発表賞味会

講義科目

食生活と健康/食品と栄養の特性/食品の安全と衛生/食文化論/サービス作法/就職対策講義

和食文化実習
(和食料理人コース、すし職人コース 2年次共通カリキュラム)

包丁/日本茶/そば打ち/和菓子/発酵学/和食器研究/日本酒研究 ほか多数


2年次イメージ 2年次イメージ
Copyright ©東京すし和食調理専門学校 All Rights Reserved.