和食料理人コース

季節に合わせた献立に即して、日本料理の技法の基となる
五味(甘・辛・塩・苦・酸)五色(赤・青・黄・白・黒)五法(焼く・煮る・蒸す・揚げる・生)を
学びます。
卒業後は和食の料理人を目指します。

1年次

すし・和食に共通する基本技術をコース合同で学びます。
料理人としての基礎固めのために海外料理の技術も修得、講義科目を交えて調理師資格の取得を目指します。

和食実習(すし・和食)

和食調理の基礎/お造り・和物・焼き物/煮物・揚げ物・蒸し物/ご飯もの/肉料理 すしの基本/江戸前握りずしの基本

調理実習(調理師資格対応)

調理の基礎/日本と世界の米・野菜料理/日本と世界の小麦・ポテト料理/出汁と魚料理
肉料理とフライ料理/日本と世界の鍋料理/日本と世界の季節料理/世界各国料理

講義科目

食品の安全と衛生/調理理論/外国語

1年次イメージ

2年次

四季折々のさまざまな食材の個性を生かした、本格的な日本料理の調理方法を修得します。
季節感をいかに演出するかが学びの大切なポイントになります。

和食実習

和食基礎/初夏の膳/盛夏の膳/秋の膳/冬の膳/初春の膳/春の膳/卒業発表(会席料理)

講義科目

食生活と健康/食品と栄養の特性/食文化論/外国語/就職対策講義

和食基礎

和食の根幹でもある、「米を美味しくいただく」「素材の味を最大限に引き出す」ための第一歩として、「米」「出汁」「調味料」の知識を身につけます。

お米

お米の見分け方、研ぎ方を学び、土鍋で炊き上げる

出汁

鰹節、昆布、いりこなどを使って正しく出汁を取る

調味料

醤油、酢、酒、味噌など、調味料の特長と製造法、使い方を実習する

2年次イメージ

秋の膳

「十五夜(お月見)」「紅葉狩り」、菊の花にまつわる「重陽の節句」など、秋には古来からの行事がたくさんあります。また新米をはじめ、さまざまな農作物の収穫期でもあります。伝統行事食とともに、「秋を美味しくいただく」料理を学びます。

付出し

焼き茄子ずんだ和え/平目昆布じめイクラおろし和え 等

椀物

甘鯛の蓮もち 等

お造り

鯖のお造り 等

煮物

海老芋/穴子干瓢/冬瓜すっぽんあんかけ 等

ご飯

鮭・いくら・キノコの土鍋ご飯 等

2年次イメージ
Copyright ©東京すし和食調理専門学校 All Rights Reserved.