校長メッセージ

日本料理の『技』と『こころ』を学ぶ

東京すし和食調理専門学校 学校長
渡辺 勝

東京すし和食調理専門学校は、日本初の「すし・和食分野に特化した調理専門学校」です。授業では、包丁技術や調理技術といった日本料理の『技』だけではなく、蕎麦打ちや和菓子、漬物発酵学など、日本の食文化を幅広く学びます。
日々の授業を通して、私たちがとても大切にしていることは、プロの料理人としての『こころ』を養うこと。あいさつの大切さから始まり、旬の食材を無駄なくおいしく調理する心構えや、お客様への感謝とおもてなしの所作など、料理人に必要な『こころ』を伝えていきます。
低カロリーでヘルシー、そして見た目の美しさと美味しさにあふれる日本料理は、いま世界中から注目されています。人は誰でも、美味しいものを食べると笑顔になりますよね。あなたも、私たちと一緒にこの日本料理の素晴らしさを発信し、世界中の人たちを笑顔にしてみませんか。

Copyright ©東京すし和食調理専門学校 All Rights Reserved.